山菜は知られざる健康効果が隠されている!?北国出身が教えるレシピ

料理

スポンサーリンク

4~5月頃にかけて出回る春の山菜。
タケノコ、タラの芽、フキ、ウドなど・・春を感じるおいしい食材ですよね。

わたしの出身、秋田でもゴールデンウィークあたりになると
タラの芽が野菜の直売所に出回ります。

うちの父は、山に山菜取りにでかけるほどです。

子どもの頃は、山菜は苦みがあって好きではありませんでしたが、
大人になってから楽しめるようになりました。

母直伝のおいしい山菜レシピと、
山菜の「記憶力アップ」「糖尿病予防」「花粉症などアレルギー症状の緩和」
「疲労回復」などなど、知られざる健康パワーに迫ります・・!

スポンサーリンク

山菜の健康効果とは?冬に蓄えた栄養がたっぷり

春に出回る山菜は、寒い冬の山でたっぷりと栄養をたくわえているんです。

タケノコには「シロチン」という栄養素が含まれています。
チロシンを多く摂ると、記憶力の低下を防ぐと言われているんです。

タケノコを切ったときに、白い固形のようなもの、見たことありませんか?

これが「シロチン」なんです。
食べても害はないのでご安心くださいね。

ただ、タケノコのチロシンはうまみ成分でもあるのですが、
時間が経って酸化してしまうとエグ味になってしまいます。

ですので、タケノコを収穫したらすぐに湯通ししてしまうのがおすすめ。

もし、時間が経ってしまったときは、アク抜きをしてくださいね。

アク抜きの方法

  1. タケノコを洗い、穂先を斜めに切り落とす。
  2. 皮の部分に、タテに切れ目を入れる。
  3. 鍋にタケノコ・水・米のとぎ汁を入れて沸騰させる。
  4. 沸騰後は、弱火で40~50分煮る。
  5. お湯が自然に冷めたら、皮をむく。
    水で冷やすのはNGです!自然に冷やすことでアクが抜けていくんです。

次に、タラの芽。

タラの芽には、「エラトサイト」という栄養素が含まれていて、
なんとタラの芽にしか存在しない栄養なんです。

「エラトサイト」は、糖分の吸収を抑える働きがあるため、
糖尿病の予防が期待できるとされています。

山菜のおいしい食べ方~タラの芽は天ぷらで!~

タケノコは、都内のスーパーでも見かけますね。

煮ても焼いてもおいしいタケノコ。

おすすめはずばり、タケノコご飯。

タケノコに含まれるチロシンは、ブドウ糖と一緒に摂ると
効果的に吸収できるので、タケノコご飯がおすすめなんです。

次にタラの芽。

あまり、馴染みがない方も多いのではないでしょうか?

実家の秋田では、タラの芽は天ぷらにするのが定番!

タラの芽独特の苦みが軽減され、まるで海苔のような香ばしい天ぷらに。

タラの芽を天ぷらにするとき、衣は付け過ぎないようにしてくださいね。
また、揚げすぎもおいしくないので、
衣は薄めに、さっと揚げるのがおいしく料理するコツですよ。

秋田ではもう一つ定番の山菜、フキ。
わたしの地元では「フキノトウ」なんて呼ばれています。

お浸しにしてもおいしいんですが、ちょっと苦みが強いです。

タラの芽と同様、天ぷらにするとサクッとおいしく頂けます。

最後に、フキ。

フキは煮つけが定番。

苦みが少ない山菜なので、お醤油ベースで煮つけにしてもおいしいし、
さっと茹でてしょうが醤油をつけて食べるのもおすすめです。

繊維が豊富なので、食感を楽しめますよ。

タイトルとURLをコピーしました