共働きを理由に料理しない妻…3ステップで料理上手に大変身!?

料理

スポンサーリンク

共働きを理由に、
平日の夕飯をなかなか作ってくれない妻。

確かに共働きをしていると妻も忙しいから、
料理をする気も起きないほど疲れているでしょうが、
それでもやっぱり食事の支度はしてほしいものですよね。

でも、奥さんの身になって考えると、
料理しないのも仕方ないのかも…。

そこで今回は、共働きを理由に料理をしない妻に対して、
夫はどのような対応をすべきか、また平日の食事はどうしたらいいか、
解決策を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは共働きの平日の夜ご飯は諦める!

まずは平日、夫婦お互い仕事に行っているのでしたら、
夜ご飯を妻に作ってもらおうとするのはキッパリ諦めましょう!

やっぱり奥さんも仕事で疲れているのですから、
それで帰ってきて料理をするというのはなかなか苦労するもの。

わたしもずっと共働きで、現在は在宅ワークをしてますが、
以前までは外に働きに行っていたので、
やっぱり帰ってから夕飯作りをするのは大変でした…。

そこで、平日の夕飯は奥さんの手料理ではなく、
外食にしたり出来合いの料理を買ってきたりするなどして、
料理をする手間を省くというのが良いですよ!

そうすれば気が楽になるし、
奥さんの負担も減らせて一石二鳥!

忙しく大変な平日だからこそ、
料理しない妻、と思わずに料理できない状態なんだ、
と思えるようにすると良いですね。

共働きのご飯は作り置きおかずにも挑戦!

共働き夫婦の日々の食事はズバリ、
作り置きおかずにすることがとってもおすすめですよ!

休日に平日分のおかずを作り置きして冷蔵庫に保存しておけば、
仕事に疲れて帰ってきた奥さんに料理させなくても良くなります。

しかも、作り置きおかずがあれば、外食したり、
出来合いのお惣菜を買ってきたりする必要もなくなるので、
食費の節約にもなるんですよ!

ということで、共働きの夫婦はぜひ、
作り置きおかずを作ってみてください。

もちろん休日に夫婦二人で作ることが大切ですよ。

夫婦で協力して料理をしていくようにすれば、
より夫婦の絆が深まるし、万が一奥さんが体調不良になった時も、
旦那さんが料理を作れるので何かと安心なんです。

ということでぜひ、作り置きおかずは夫婦二人で作りましょう!

それに、作り置きと言っても、
簡単なものでOKです!

野菜を下茹でしておく、
浅漬けの素で漬物を作っておく。

慣れてきたら煮物やカレーに挑戦する。

常備菜を作ってみる、など。

まずは簡単な料理から挑戦してみて。
楽しくなってくれば、自然にレパートリーが増えてきますよ。

ご飯を作らない嫁共働きでお互い大変であることを認め合う

共働きを理由にご飯を作らない奥さん。

自分よりも奥さんの方が先に帰ってるんだから、
ご飯を作るのは当たり前!と考えるのはやめましょう。

まずは、「食事を作るのは大変」ということ。

料理をするためには、献立を考えて、
スーパーに買い出しに行って。

まな板、包丁、鍋やフライパンを出して
調理して。

食事のあとは食器や調理器具を洗って。

たくさんの工程があるんです。

もし自分が奥さんの立場だったら、
仕事に疲れて帰ってきたのに、
家事もしなきゃいけないとなると?

想像してみてください。

大変じゃないですか?

共働き夫婦はお互いを認め合うことと、
家事を分担して行うことが大事なので、
ぜひそれを忘れないでくださいね。

料理だけでなく、掃除や洗濯、子供の世話なども、
夫婦で上手く分担して協力し合っていくようにしましょう!

家事の分担が進んで、
料理を作る時間ができれば、
自然に妻が料理をしてくれるかもしれません。

まとめ

共働きを理由に料理をしない妻だったとしても、
それは仕事が大変なので仕方がないことです。

そのため、無理に料理をさせようとせず、
外食にしたり出来合いの総菜で済ませたりしましょう。

また、夫婦で休日に作り置きおかずを作っておくのもおすすめですよ。

何より夫婦がお互いに、相手の大変さを分かり合い、
協力していくことが大切なので、ぜひ円満な家庭を築くためにも、
家事や育児を分担していくようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました