赤ちゃんがジェルネイルを舐めた!?慌てなくても大丈夫な理由を解説

メイク

スポンサーリンク

ジェルネイルをしているママの指を
赤ちゃんが舐めてしまったら、心配になっちゃいますよね。

ですが、ジェルネイルは樹脂でできているため、
赤ちゃんが舐めてしまっても、比較的安全だと言われています。

つまり、ジェルネイルとは、
プラスチックでできているようなモノ、なんです。

わたし自身も、二児の母ですが、
おしゃれを楽しみたい!

独身の頃のように、ジェルネイルを楽しみたい!

だけど、子供が舐めても影響ないのかな?
と気になって、いろいろと調べてみました。

その結果、ジェルネイルは子育て中のママでも
比較的、安全におしゃれを楽しめることがわかりました。

スポンサーリンク

赤ちゃんがジェルネイルを舐めてしまった!?慌てなくても大丈夫

ジェルネイルとは、樹脂でできているため、
しっかりとかたまってしまえば、
赤ちゃんが舐めたとしても、あまり問題ないんです。

ジェルネイルは、プラスチックのようなもの、なんですね。

赤ちゃんって、ペットボトルとか、
好きですよね?

ペットボトルをペロペロ舐めて口に入れても
「危ない!」とはなりませんよね?

それに、ネイルサロンで施術してもらったジェルネイルは、
しっかり固まっていますし、
ストーンなどをデコレーションしていても
簡単に外れたりはしません。

爪先やストーンも、しっかりコーティングされて
丸みをおびているはずですので、
万が一、赤ちゃんがママの爪先を口の中に入れても
口の中が切れてしまう心配もないんですね。

ただ、セルフでジェルネイルをする場合は、
注意が必要ですね。

赤ちゃんが乾いていないジェルネイルを舐めてしまったり、
ストーンが取れてしまって誤飲してしまったら大変です。

子育てママがセルフでジェルネイルを楽しむときは、
ストーンなどのデコレーションは控えたほうがいいかもしれませんね。

子育てママがネイルを安全に楽しむコツ2つ

爪は短めに!

セルフネイルでもジェルネイルでも、
爪は短めがおすすめです!

長い爪だと、どうしても赤ちゃんのお世話に
支障が出ちゃいますよね。

万が一、赤ちゃんをひっかいて傷つけてしまったら大変。

また、長い爪で料理をするのも、
衛生的によくないですよね。

ただ、ジェルネイルをお店でオフする場合は、
だんだん爪が長くなってしまいますよね。

爪が伸びてきて気になるときは、
爪やすりで形を整えるのがおすすめですよ。

また、ジェルネイルをする前に、
爪を短めに整えておくと、ジェルネイルをより長く楽しめますね。

セルフネイルは換気と道具の管理に注意

子育て中のママの場合、
ネイルサロンに行く暇がない場合もありますよね。

最近では、自宅で手軽にジェルネイルを楽しめる
キットもあるため、セルフネイルをするママもいますね。

セルフネイルの場合、費用も安くおさえられるし、
ネイルサロンに行く手間も省くことができますよね。

ですが、セルフネイルをする場合、
注意しなきゃいけない点もあります。

  • スヤスヤ寝ている赤ちゃんの側でしない
  • じゅうぶんな換気をする
  • ネイルの道具は赤ちゃんの手の届かない場所で保管する

赤ちゃんが眠っている間にネイルをするママ、
多いと思います。

ですが、スヤスヤ寝ている赤ちゃんの側で
ネイルをしないようにしてくださいね。

ネイルの臭いって、けっこうキツイですよね。

イヤな臭いだな…って感じるってことは、
体にも良くないんですよね。

セルフネイルをするときは、部屋を移動してくださいね。

そして、しっかりと換気。

また、ネイル道具は赤ちゃんの手の届かない場所に
保管してくださいね。

赤ちゃんって、珍しいものとか、大好きなんですよね。

万が一、ネイルを蓋をあけてしまったり、
ストーンなどを誤飲したら大変です。

家の中や洋服もベタベタになってしまったら…?

もう、大惨事ですよね。

赤ちゃんがジェルネイルを舐めた!?まとめ

ジェルネイルは、樹脂でできているため、
しっかり固まっていれば、赤ちゃんが万が一舐めても大丈夫です。

それに、ジェルネイルはおしゃれ目的だけではなく、
産後、爪がもろくなってしまったママには
爪の補強としてもおすすめなんです。

ジェルネイルがボロボロになってしまった爪を
保護してくれるんですね。

それに、ジェルネイルはしっかり固まれば、
爪の先やストーンなども丸く保護してくれます。

ジェルネイルは、子育て中のママでも、
比較的、安全に楽しむことができるおしゃれなんですね。

ママだから…と言って、
何でもかんでもガマンせず、
コツやポイントをしっておしゃれも安全に楽しみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました