奥入瀬渓流の紅葉時期はベストシーズン!散策&サイクリングで秋満喫

青森

スポンサーリンク

青森県十和田市、奥入瀬渓流の紅葉情報です。

奥入瀬渓流の紅葉は、例年10月中旬から色づき始め
10月下旬までがベストシーズンです。

ただし、紅葉のベストシーズンは奥入瀬渓流も混雑する時期です。
また、10月下旬にはマイカー交通規制もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉ベストシーズンは10月中旬から下旬

奥入瀬渓流では、10月中旬ころから紅葉が色づき始め、
下旬には見ごろを迎えます。

ただ、奥入瀬渓流は南北に14キロと長い渓流ですので、
下流の焼山と、上流の十和田湖付近の色づきの状況が異なります。

上流の十和田湖付近のほうが、早く色づき始めます。

11月上旬でも、下流の焼山付近まで下れば、
紅葉をじゅうぶんに楽しむことができます。

逆に、まだ焼山付近で色づいていなくても、上流は紅葉している場合がありますので、
上流に向かってみてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渓流館周辺も綺麗に紅葉🍁しております。 #奥入瀬渓流館

Keiryu Oiraseさん(@keiryuukankissa)がシェアした投稿 –

ただ、全工程を徒歩で制覇しようと思うと4時間ほどかかってしまいます。

有料のシャトルバスが1時間に1本ほどの間隔で運行していますので、
有効活用して紅葉を楽しんでくださいね。

また、レンタサイクルもありますので、
紅葉を楽しみながら颯爽とサイクリングをするのもおすすめです。

奥入瀬渓流の紅葉シーズンは交通規制あり

「エコツーリズム」というイベント名で、
10月下旬に奥入瀬渓流へのマイカーでの進入が規制されます。

原付バイクも通行禁止となります。

車で奥入瀬渓流へ向かう場合、青森方面からは下流の「焼山」付近へ、
秋田方面からは十和田湖付近の「休屋」駐車場に車を停めることになります。

徒歩またはレンタサイクルで奥入瀬渓流の紅葉狩りを楽しんでくださいね。

マイカーでの交通が規制される代わりに、
シャトルバスが本数を増やして運行されます。

シャトルバスを有効利用して、奥入瀬渓流の見所を効率的にみてまわることができます。

詳細は、公式サイトをご確認ください。

マイカー交通規制の詳細 | 奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト
奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクトホームページです

奥入瀬渓流の紅葉時期のシャトルバスについて

奥入瀬渓流の通常の時期は、シャトルバスは1時間に1本の頻度で運行しています。

通常の時期のバスの時刻表・料金は、JRバスのページをご確認ください。
https://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail.php?r=45&rc=11

かわりに、紅葉の時期の交通規制がある日はシャトルバスは
20~30分の間隔で運行されます。

料金は、1日フリーパスで1,000円。小学生以下は無料です。

エコツーリズム期間のシャトルバスの詳細については、
公式ページをご確認ください。
http://www.eco-oirase.com/ja/bus-ship

奥入瀬渓流の紅葉時期の駐車場について

奥入瀬渓流には3か所の駐車場があります。

いちばん下流、星野リゾート奥入瀬渓流ホテルがある「焼山」駐車場、
奥入瀬渓流の中間地点にあり、散策に便利な「石ヶ戸」駐車場、
十和田湖畔にある「子ノ口」駐車場です。

駐車場の詳細は、別の記事でご紹介していますので、
あわせて読んでみてください。

奥入瀬渓流の駐車場を地図付で解説!アクセスや混雑状況もリサーチ

ただし、紅葉時期のマイカー交通規制の期間中は、
駐車できる場所が変わります。

下流の焼山駐車場は250台が無料、
十和田湖付近の休屋駐車場は660台が有料になります。

青森方面から向かう場合は焼山駐車場を、
秋田方面から向かう場合は休屋駐車場を利用することになります。

詳細は、公式サイトでご確認くださいね。
http://www.eco-oirase.com/ja/parking

奥入瀬渓流の紅葉時期の混雑状況

紅葉の時期は奥入瀬渓流のベストシーズンになるため、混雑します。

週末には駐車場が午前中から満車になる場合もあります。

特に、奥入瀬渓流の中間地点の「石ヶ戸駐車場」は
散策の拠点にもなるスポットですので、早朝から満車になってしまうことも。

駐車待ちできるスペースもありませんので、ご注意ください。

さらに、マイカー交通規制の期間にあたるかどうかでも、
駐車場の利用や混雑状況がことなりますので、必ず公式サイトで確認してくださいね。

奥入瀬渓流のおすすめ散策ルート2選

おすすめルート1:紅葉×滝<50分コース>

「雲井の流れ」~「銚子大滝」までの2.6キロのコースです。
ゴールの銚子大滝を中心に、9つもの滝を観ることが出来ます。

バスで「雲井の流れ」へ向かいます。
「銚子大滝」からはまたバスに乗り、駐車場に戻るコースです。

おすすめルート2:紅葉×阿修羅の流れ<30分コース>

「馬門岩」~「雲井の滝」までの1.4キロのコースです。
奥入瀬渓流でいちばん有名なスポット「阿修羅の流れ」を楽しめます。

同じくバスで「馬門岩」へ向かいます。
「雲井の滝」からはまたバスに乗り、駐車場に戻るコースです。

奥入瀬渓流の名所は「馬門岩」~「銚子大滝」までの間に多数点在していますので、
この区間を中心に散策の計画を立てるのがおすすめです。

詳細は、散策マップをご確認いただき、しっかり計画を練ってみてくださいね。

奥入瀬渓流の歩き方 | 奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト
奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクトホームページです

奥入瀬渓流の紅葉時期のレンタサイクル

遊歩道を走ることはできませんので、注意が必要ですが、
目的の観光スポットまでスイスイ行くことが出来ます。

<料金>
  • 電動アシスト自転車:4時間1,000円
  • 一般自転車:4時間700円
  • ※延長1時間ごとに300円、乗り捨ては300円増し
<貸出期間> 4月1日~11月30日(予定)
<営業時間> 8時~16時半
<貸出&返却場所>
  • 奥入瀬渓流館(焼山バス停すぐ近く)
  • 石ヶ戸休憩所(石ヶ戸バス停すぐ近く)
  • 十和田湖観光汽船子ノ口案内所(子ノ口バス停すぐ近く)
<問い合わせ先>
  • 奥入瀬渓流館 0176-74-1233
  • 石ヶ戸休憩所 0176-74-2355
  • 子ノ口案内所 0176-75-2408

混雑が予想される時期に利用する場合は、
事前に確認しておくと安心です。

また、営業時間が短めですので、返却予定の方は注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました