フォローアップミルクと牛乳を混ぜるのはNG!?併用するコツ2選

子育て

スポンサーリンク

1歳を過ぎると、そろそろフォローアップミルクから
牛乳に移行させたい!と思いますよね。

ですが、フォローアップミルクの味に慣れてしまっている子は、
なかなか牛乳を飲んでくれない子も多いんですよね。

フォローアップミルクを卒業させて、
牛乳に移行させる方法は、主に2つあります。

  • フォローアップミルクと牛乳を混ぜる
  • 温めた牛乳を少しずつ与える

どちらも根気がいりますが、
少しずつ牛乳に慣れて、
フォローアップミルクを卒業できたらいいですよね。

スポンサーリンク

牛乳とフォローアップミルクを上手に併用して徐々に牛乳へ

フォローアップミルクと牛乳を混ぜる

フォローアップミルクと牛乳は、混ぜてもOKです!

ですが、一つだけ誤解してはいけないのが、
「フォローアップミルクを牛乳でとくのはNG」ですよ。

単純に、カロリー過多になっちゃいますからね。

ですが、いつも通りにフォローアップミルクを調乳して、
牛乳と混ぜるのは何の問題もありません。

理由は、フォローアップミルクも
育児用の粉ミルクと同様に、
離乳食を作るときに混ぜてもOKだから、です。

フォローアップミルクを他の食材と混ぜても、
栄養素が壊れちゃう…なんてことはないんですね。

しかも、フォローアップミルクと牛乳を混ぜる方法なら、
お子さんも、さほど嫌がらず飲んでくれそうですよね。

まずは、9:1ぐらいの割合で試してみて、
様子をみながら徐々に牛乳の割合を増やしていくのがおすすめです。

温めた牛乳を少しずつ与える

冷たいお水や麦茶って、まだ飲めませんよね?

牛乳もいっしょで、はじめて与えるときは、
人肌ぐらいの温度にしてからあげると
意外とすんなり飲んでくれます。

ただし、温めすぎにはじゅうぶんに注意してくださいね!

牛乳をあげるときは、ストローマグか
コップであげてくださいね。

わが家の長女は温めた牛乳が好きで、
寝る前に牛乳をあげると、グッスリ寝てくれる子でした。

また、お昼寝あとのおやつのタイミングも
牛乳を飲んでくれるチャンスです。

寝ている間も、意外と汗をかくので
寝起きってのどが渇いているんですよね。

そこに、牛乳をあたえると、すんなり飲んでくれることも。

他にも、お散歩から帰ってきたときやお風呂上がりなど、
のどが渇いてそうなタイミングを見計らって牛乳をあげてみて。

やっぱり、のどが渇いているときって、
何でもおいしくて、ゴクゴク飲めちゃうんですよね。

ただし、牛乳だけでは水分補給になりませんので、
きちんとお水や麦茶もあげてくださいね。

余ったフォローアップミルクは離乳食に混ぜてもOK

無事にフォローアップミルクを卒業できたけど、
今度は、フォローアップミルクが中途半端に余っちゃった!

という場合もありますよね。

余ったフォローアップミルクは
離乳食に混ぜてもOKです!

いちばん手軽なのは、ミルクがゆやパンがゆですね。

他にも、シチューにプラスすると
栄養価もグンとアップするのでおすすめです。

せっかく買ったフォローアップミルク、
捨てるのはもったいないので、有効活用しましょう。

フォローアップミルクも牛乳も飲めなくても実は大丈夫

フォローアップミルクは卒業できたけど、
牛乳は苦手なようで、あまり飲んでくれない。

きっと、そんな子もいますよね。

でも実は、牛乳も、そしてフォローアップミルクも
飲めなくても大丈夫なんです。

理由は、フォローアップミルクも牛乳も
鉄分やカルシウムを「補う」ことが役割。

鉄分やカルシウムを摂りたいなら、
別に牛乳じゃなくてもいいんです。

たとえば、牛乳からできているチーズやヨーグルトでも
いいんですよね。

鉄分なら、レバーやほうれん草など。

別の食品からでも摂取することはできます。

それに、鉄分やカルシウムって
単体で摂取しても、体に吸収されにくいんです。

お肉やお魚、野菜や大豆製品など、
バランスよく食べることで、
効率的に体に吸収されます。

ですので、「牛乳が飲めない」ことを悩むよりも、
バランスのいい食生活を意識してあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました