困った!離乳食を食べない口開けない赤ちゃんへこわい顔で迫ってる?

子育て

スポンサーリンク

はじめての離乳食開始の時、
赤ちゃんは離乳食を食べて、どんな表情をしてくれるかな?

とドキドキ、ワクワクするママも多いのではないでしょうか。

私も娘の離乳食を、はやくあげたくて楽しみにしていました。

しかし、想像とは違い、口を全く開けてくれない場合・・とても困ってしまいますよね。

今回は、離乳食を食べない、口を開けない赤ちゃんへの対処法、アプローチ方法をお話していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが離乳食で口開けない理由はママの表情だった!?

せっかく頑張って作った離乳食。

「今日こそは・・・!」
と真剣な気持ちで
赤ちゃんに向き合うときほど、

意外とママはこわ~い表情に
なっているんです。

いつもは優しい表情で
母乳やミルクを与えてくれるママ。

それなのに、離乳食の時間だけは
真剣なこわい表情で迫ってくるママ。

これでは、赤ちゃんは戸惑ってしまうんですよね。

「えぇ~?そんなつもりは・・」
と思っちゃうかもしれませんが、

一度、鏡でチェックしてみて。

離乳食を食べてくれない
不安や焦りなど、
意外と顔にでちゃってるんです。

特に、離乳食を食べない日が続くと
焦りますよね。

手間暇かけて作った離乳食、
食べてくれないとイライラしちゃうことも。

  • 赤ちゃんはママの表情をよく見ている
  • ママは真剣になるほどこわい顔になりやすい

まずはこの2つ、覚えておきましょう。

離乳食を食べない子に進め方なんてあるの?まずは一口から

離乳食をなかなか食べてくれない赤ちゃん。

まずはハードルを下げて
「一口食べてくれればOK!」という
簡単な目標を設定しましょう。

これなら、ママも気楽に取り組めますよね?

それに、離乳食って、
まだまだ栄養にこだわらなくても
大丈夫なんです。

まずは、赤ちゃんが食べ物の味を覚えて、
食べ物を飲み込む練習をしていくんです。

あと、もう一つ大事なのが、
「まわりの子と比較しない」です。

同じぐらいの月齢なのに、
あの子はよく離乳食を食べる。

うちの子はなんで・・・?

と、比べてしまうと
ママも辛くなってしまいます。

ぜひ、わが子のペースで離乳食を
進めてあげてくださいね。

あとは、適宜ベビーフードを
上手に活用してみてくださいね。

手作りにこだわりすぎると
ママもしんどくなってしまいますので、

「疲れた、ツライ」

なんて思ってしまったときは
ベビーフードに頼っちゃいましょう。

ただ、一つ気を付けたいのが
「フォローアップミルク」。

あまりにも離乳食を食べてくれないと
フォローアップミルクに
頼りたい・・・!と思っちゃいますよね。

もちろん、フォローアップミルクは
栄養バランスばっちりですし、
特に、離乳食を食べない子には有効。

ですが、赤ちゃんによっては
下痢や便秘を引き起こしてしまう
可能性もあるんです。

別の記事で解説していますので、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

フォローアップミルクは離乳食を食べない子に有効?デメリットもある

離乳食を全く食べない場合はいったんやめるのもアリ!

目標を下げて、
ママもゆったりとした気持ちで取り組んでも、

それでも、食べない赤ちゃんもいます。

そんなときは、いったん離乳食を
お休みするのもアリです。

赤ちゃんの気分や興味がわくタイミングも、
一人ひとり違います。

いったん離乳食をお休みしてみて、
赤ちゃんが大人の食事に興味を持ち始めたり、
自分から食べたそうにしたタイミングで
再開するのも一つの方法です。

実はうちの娘も、1歳過ぎまで
離乳食をほとんど食べませんでした。

大人と同じようなものが食べられる時期になり、
徐々に食べてくれるようになりました。

今振り返ってみると
「離乳食のペースト状がイヤだったのかも」
と思います。

離乳食初期や中期なんて、
全く食べてくれなく
わたしが挫けて泣きそうになった時もありました。

現在4歳ですが、離乳食の時期がうそのように、
たくさん食べてくれます。

時には諦めることも必要なんだ、
と私は思います。

ママがストレスを溜めずに、
笑顔で赤ちゃんに接することのほうが大事です。

ゆったりとした気持ちで、
進めていけるといいですね。

なお、別の記事で離乳食を作るときの
調理器具についてご紹介しています。

おすすめの調理器具や、
簡単に離乳食を作る方法を
ご紹介していますので、

離乳食作りで悩んでいるママ、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

離乳食の調理器具は大人と同じでOK!毎回消毒しなくても大丈夫

タイトルとURLをコピーしました